井出樹里さん 女子トライアスロン (相模原の有名人)

相模原市の有名人
スポンサード リンク

井出樹里(いで-じゅり)さんは、神奈川県相模原市南区在住のトライアスロン選手です。
ご出身は東京都世田谷区で、誕生日は1983年6月9日、世田谷区立新星中学校を卒業し、東京都立松原高等学校に入学しますが、それまでは競泳選手で全国大会にも出場していたそうです。

その後、玉川大学文学部人間学科に入学すると陸上部に入り、全日本大学女子駅伝に出場するなど陸上長距離で活躍しました。

卒業後、2006年からトライアスロンに転向し、日本のトライアスロン草分け的な存在でトライアスロン代表監督も務める飯島健二郎監督の「トーシンパートナーズ・チームケンズ」に8年間所属しました。

オリンピック・ディスタンスのトライアスロンとは、2000年のシドニー五輪で初めて正式種目に採用された複合協議で、スイム(水泳)1.5キロメートル、バイク(自転車ロードレース)40キロメートル、ラン(長距離走)10キロメートルの合計51.5キロメートルの着順を競う競技です。

2007年のW杯では、自転車で転倒して背中に大きな傷ができたそうですが、レース中に他国の選手からも励まされたと言います。
2008年、北京オリンピックの日本代表トライアスロン選手として出場すると5位入賞。
2009年、ITUワールドカップ石垣大会では見事優勝し、1週間後の第一戦ワールドトライアスロンシリーズトンヨン大会で3位、世界トライアスロンシリーズ横浜大会ではで3位と活躍しました。
その他、2010年、アジアビーチゲームズチャンピオン、2008年・2009年・2011年の日本選手権で優勝。
2012年、ロンドンオリンピックにも足立真梨子と共に日本代表として出場すると34位の成績を収めています。

2016年1月からは、スポーツクラブNASへ移籍しました。

井出樹里選手は、さがみはらグリーンプール、相模原ギオンスタジアムなどで日々練習に励んでおられます。

寝る食べる以外は常に練習していると言いますので、ほんと、トップレベルのプロ選手が行っていることは、我々が仕事・勉強・スポーツをするうえでも、とても参考になります。

執筆時点で、井出樹里選手は、2020年3月までJTUエリート強化A-2指定選手となっております。
2020年東京五輪では、開催国枠の適用で、日本は男女個人戦各2選手および、混合リレー1チーム分の出場資格を有しています。
女子では上田藍選手などが有力ですが、2020年5月11日時点のITUの五輪ランキングによっては、もう1枠を得る可能性があります。

2020年、東京オリンピックでは、お台場海浜公園・臨海副都心トライアスロン特設会場にてトライアスロンが開催される予定です。
日程は、2020年7月27日〜7月28日、8月1日ですが、女子決勝は7月28日朝6時30分から、新種目の男女混合は、8月1日朝7時30分からの予定になっています。(時間は変更の可能性あり)

ケガ無くトレーニングを重ね、体調も整え悔いの無いようなご健闘をお祈り申し上げたいと存じます。

坂井丞さん 水泳・飛込 (男子シンクロ3メートル飛板飛込)
小堀倭加さん 水泳選手 (女子1500m自由形) 
白井空良さん スケートボード・ストリート

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る