相模原市民 桜まつり 毎年50万人が訪れる相模原市最大のイベント

スポンサード リンク

神奈川県相模原市としては最大のイベント・お祭りである「相模原市民 桜まつり」

通常であれば、毎年4月の最初の土曜日・日曜日に開催されますが、選挙などがあると日程が変わり5月に開催して「若葉まつり」となることもございますので、毎年3月になったらご確認願います。
土曜日は午後から、日曜日は朝から夕方まで、桜並木約300本がある、国道16号から横山の「市役所通り」を歩行者天国にして様々なイベントなどを開催するだけでなく、たくさんの露天(出店)も楽しめます。
夜間は歩道から夜桜見物ができるように「ライトアップ」もされていますが、歩行者天国は昼間の身ですので、車道は歩行禁止となります。

相模原市の桜まつり

桜の見物は、ツタヤ横山店~西門までの市役所通り沿い、どこでも楽しめますが、メイン会場は市役所前となり、様々な催し物が開催されます。
税務署入口~横山2丁目交差点の間は、民間のテキヤさん(露天商)が並び、やきそば、お好み焼き、たこ焼きなどたくさん食べれます。
ただし、テキヤは高いので、安く飲食するのであれば、お勧めは町内会や地元商店などが出す臨時の露天です。

相模原市民 桜まつり 

例年ですと、やきそば250円、生ビール350円~400円、そば・うどん・ラーメン300円、やきとりは70円~100円、ポップコーン50円~100円が、地元出店の相場です。
宇都宮餃子6個300円、フランクフルト100円、その場で入れるホットコーヒー100円などお安く提供されいますが、これがテキヤだとやきそば500円、たこ焼き500円とかになりますので、断然、市民会館の裏手や第2駐車場の上が安く食べらたり、飲んだりできます。
そして、その辺りを歩いているだけで、ポケットティッシュや、手作りの品物などを無料でもらえたりもします。

相模原市民 桜まつり 
 
天気が良いと会場は大変混雑しますので、小さなお子様とお出掛けの場合は、迷子になった場合の「待ち合わせ場所」を現地で決めてから行動開始しましょう。
なお、ゴミは所定の分別ゴミ箱が設置されますが、その辺に散らかさないよう、環境美化にもご協力を。
FMさがみでは、両日とも会場のお祭りの様子を生放送でお伝えします。FM83.9メガヘルツ。

相模原市民 桜まつり 

電車の場合、JR相模原駅から西門付近まで、無料送迎バスが約20分間隔で運行されます。
例年ですと、清新小学校の校庭が無料駐車場となりますが、清新小から会場までは徒歩で約25分となります。
その他、淵野辺公園の臨時駐車場が無料開放され、淵野辺公園からも無料送迎バスが約20分間隔で運行されます。
また、相模原補給廠に臨時駐車場が設けられる年もあり、この場合も無料送迎バスが西門まで運行されます。

相模原市民 桜まつり 

毎年、日程や時間などは変わる事がありますので、相模原市観光協会のホームページにてご確認を。
また、相模原情報発信基地でも、毎年開催前に最新の情報提供をさせて頂きます。

2018年最新の相模原「桜まつり情報」駐車場情報などはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る