底沢峠~長者屋敷跡~堂所山烽火台

スポンサード リンク

白百合姫伝説と石投げ地蔵嬢が塚からの続きです

 石投げ地蔵から階段を一生懸命登りまして、明王峠に戻り、次に底沢峠へと向かいました。

底沢峠

 底沢峠はベンチもない、ひっそりとした峠ですが、この底沢峠が昔は明王峠でした。

 底沢峠

 と考えますと、その昔は不動明王がある現在の明王峠は、単なる「峰」であったと断定して良いでしょう。

 先ほど訪れました、石投げ地蔵よりちょっと登った辺りから、直接、底沢峠へと繋がる道があります。
 草に覆われて、ほとんど見えない道なのですが、恐らくはこれこそが古道です。
 ※各写真はクリックすると拡大します。

 底沢峠からの古道分岐

 上記写真が、底沢峠近くから、その石投げ地蔵方面にそれる分岐地点です。

長者屋敷跡

 この底沢峠(昔の明王峠)から、東に100mほど向かったちょっとた標高721mのピークに長者屋敷跡があります。

 ただし、説明看板などはありませんので、写真は私が想像した場所です。

 長者屋敷跡

 結構な広さがありまして、屋敷を建てるスペースとしては充分すぎるほどです。
 現在は木々が生い茂っていますが、木が無ければ、相模湖方面の展望もすこぶる良いです。
 ただ、ここで生活するには、まず水をどうやって確保したのか?疑問に感じます。
 近くに湧水があるようにも思えませんしね。

 →長者屋敷の伝承はこちら

堂所山烽火台

 
 さて、いよいよ最後の目的地である堂所山烽火台を目指します。

 堂所山へ

 底沢峠から堂所山へは、下がって、登るような感じでして、私が一番嫌いなパターンです。

 堂所山へ

 途中、木の根が浮き出ていますので、その下は恐らく岩盤です。

 堂所山へ

 堂所山は東海道ふれあいの道からは、ちょっとそれた小峰となりますので、本コースから脇コースに入って登りますが、途中から道が細いです。
 ともあれ、堂所山の山頂に到着。

 堂所山烽火台

 1841年に完成した新編相模國風土記が、村民から聞いた話として、堂所山烽火台には武田勢が敵襲を知らせる「鐘の堂」があったと言います。
 ただ、こんな山の中の頂上に鐘を置いても、果たして聞こえたのか?非常に疑問ですが、鐘は夜間や、曇りで周りが見えない時などに用いたと言いますので、そうなのかも知れません。
 普通に、烽火台と考えてよく、景信山と陣馬山の中継地点としての烽火台だったのでしょう。

 なお、堂所山の山頂も見晴らしが良さそうなところなのですが、展望は木々の合間からでしかなく、良く見えません。

 以上で、今回3部に渡ってご紹介致しました、陣馬山烽火台から堂所山烽火台の訪問記でした。
 バックナンバーは下記です。
 ←第1部・陣馬山の陣~陣馬山烽火台
 ←第2部・白百合姫伝説と石投げ地蔵嬢が塚

 また、下記には今回訪問した際の所要時間やルートなどを記載しておきます。

今回の行程

 和田峠駐車場(標高688m)0740
 →20分(標高差↑167m)
 陣馬山(標高855m)0800 
 →30分(標高差↓131m)
 奈良子峠(標高724m)0830
 →10分
 明王峠(標高739m)不動明王がある0840
 →5分
 石投げ地蔵(女が塚、嬢ヶ塚)(標高差87m)
 →戻る15分
 明王峠0900
 →5分
 底沢峠(標高716m)・長者屋敷跡
 →25分
 堂所山(標高731m)0925
 →70分
 和田峠へ帰還

 合計約3時間(休憩含まず)
 なお、上記の所要時間は、標準のコースタイムよりは早いですので、念のため記載しておきます。

 今回は5月下旬の平日に訪問してみました。

 上記の行程にて「トイレ」があるのは、和田峠、陣馬山、明王峠の3箇所だけですが、一番立派なのは陣馬山のトイレです。
 4月以降は「紫外線」も強くなりますので、紫外線対策と熱中症対策も必須です。

 登山装備は、陣馬山だけでしたら、そんなに心配いりませんが、他も行くのであれば地図など万全の準備にてお願い申し上げます。

 私が山の城攻めを行う際の装備としては、こちらのページをご参照願います。

 > 相模原の戦国時代ヒストリア 相模原の歴史カテゴリ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 5月 26日
  2. 2015年 5月 31日
  3. 2016年 2月 14日

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る