ボリュームたっぷりの大盛り店「とんかつ赤城」

スポンサード リンク

 食べ放題と言う訳ではありませんが、おかずの量が多く、ご飯のおかわりが無料のお店をご紹介致します。
 そのお店は「とんかつ赤城」です。

 大盛りトンカツ店として、相模原と言うより神奈川県で、知る人ぞ知る有名店です。
 混雑店なので、金曜日の朝一番に行きました。

 開店前の朝10時40分から並びました。店の前の歩道に椅子が数個置かれていますので、座ってその時が来るのを待ちます。
 並んでいる間にも続々とお客さんが増えまして、開店の11時を迎えると、10席あるすべてがお客さんで埋まりました。平日の昼ですよ。土日はもっと混むと言う事ですね。

 今回は「かつカレー」(税込1000円)を注文。定食でも注文を受けてから揚げるうえに、肉厚があるので、赤城は調理に時間が掛かります。

 冷たい麦茶が出たあと、店内をウオッチングすると、店主らしき方は、奥のドアの外で下ごしらえ?をなさっており、もう1人の男性がキャベツをお皿に盛るなどの作業、そして奥様がカツを揚げていました。3人体制で切り盛りしているようです。しかし、お店は年季が入っています。創業したのはいつごろなのでしょう?

 やがて、カウンターの上にキャベツがこぼれんばかりの大盛りになった皿が並びます。初めて見る方は10cm以上のキャベツの量に衝撃を受けるほどのスゴサです。
 厨房が狭いので、カウンターの上も、調理で有効利用されているんです。
 
 約15分後に、かつカレーが出来上がりました。

 他のとんかつ類と全く同じ量の山盛りキャベツが乗った直径約30cmのお皿に、ご飯(2杯分?)にカレーが乗り、横に肉厚で大きなロースかつが置かれています。

 お肉がおいしいからか、分厚いカツはソースをつけなくても、肉の味だけでおいしく頂けます。もちろん特製ソースもありますので、お好みです。
 そして、肉に必ずある「脂身」。私も脂身は苦手な方なのですが、赤城の脂身は、やわらかくておいしく食べれてしまうので、驚かせられます。

 カレーの味は昔ながらのカレーと言った感じでしたが、悪くありません。

 キャベツ用のドレッシングも3種類ありますので、うれしいですが、山盛りのキャベツも量が多い(通常のカツ類と同じ)ので、キャベツを食べるだけで、お箸は30往復したと思います。
 おまけの福神漬を含めると40往復と言ったところでしょうか?

 さて私は、どちらかと言うと早食いな方ですが、食べきるのに20分掛かりました・・。
 お店を出た頃には、3名様が外で並んでいました。

 当然と言えば当然ですが、接客は期待してはいけません。基本的無言と考えて良いですが、個人店であり、良い接客を見る為に行くお店ではありませんので、誤解なきようお願い申し上げます。

 全商品「お弁当」としてお土産持ち帰りも可能なので、昼時などは弁当注文される方もおられます。もちろん時間は掛かります。
 また、食べきれなかった場合には申し出れば「容器」をもらえますので、持ち帰り可能です。

 今回は、カツカレーの「普通」量で注文しましたが、普通でもさすがにこれ以上は食べられないと言う超大盛りぶりでした。
 しかし、更に「大盛り」も可能です。定食はご飯のおかわりが何杯でも無料なので、カツカレーも大盛りは無料?のようです。

 ちなみに「ウスカツ」は薄いカツはカツでも、2段で出てくるので、実質、厚い状態と変わないとの事。
 定食セット(ご飯・味噌汁)は330円ですが、おかずが大盛り状態なので、女性・子供などはおかずだけの注文で良いかと存じます。

 平日だけかも知れませんが、ランチ定食は880円(税込)とお得感があります。

 駐車場は、店の横の道の所に2箇所?と、店の前の大通りの反対側の月極駐車場の一番端っこ1台分ありますが、人気店としては最低限の駐車台数なので、車で来ると停められない場合が多々あるようです。

 住所:神奈川県相模原市千代田4-1-10
 電話:042-758-7438
 時間:11:00~14:00(LO)、17:00~21:00(LO)
 定休:月曜、月1で火曜

 ホームページは無いので、写真・地図などは「食べログ」をご参照願います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る