小田急電鉄 相模大野脱線事故 写真・詳細情報

スポンサード リンク

 2014年6月19日、夕方18時09分に、小田急電鉄の相模大野駅の車両基地にて「脱線事故」が発生。
 小田急線は全線で運転を見合わせています。他社線への振替輸送を実施中。
 なお、架線が切れた事で、一時全線で「停電」(電力供給停止)となり、線路上ですべての電車が止まりました。
 その後、影響のない区間から運転を再開したが、各駅停車が約10分間隔の状態でダイヤは乱れている。なお、小田原線の新百合ヶ丘~相武台前の間の上下線と、江ノ島線の相模大野~大和の間の上下線は引き続き運転を見合わせ。
 運転見合わせ区間では、線路上で止まった電車より、順次乗客を降ろして、最寄りの駅まで誘導しているとの事です。
 復旧は23時を予定との事ですが、状況によっては長引く可能性もありますので、小田急ご利用予定の方は、ご注意願います。
 その後、レールの変形が激しく脱線した車両を移動することができない事がわかり、小田急電鉄は、19日中の復旧を断念。
 変更となった復旧の見込みは、20日の朝6時30分頃となったが、朝6時頃に復旧。
 しかし、その後、ダイヤは大きく乱れ、通常、町田→新宿間40分程度が、最大90分要するなど大幅に遅延した。

 → 小田急電鉄 運行状況確認

 odakyu1

 (写真出典 ピスケさん piscemaguta2) 写真はクリックすると拡大します

 → 事故原因に関してはこちらのサイトに詳細があります

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る