津久井【三姫物語】

 相模原市の津久井地区には3人の姫の伝説が残る。

 南北朝時代に、鎌倉から逃れ津久井の青山の寺で病をいやし、甲州へ落ちのびていった「雛鶴姫」

 串川の由来になったとされる「櫛川姫」の悲恋

 武田氏滅亡の際、追っ手に追われ、丹沢山塊の麓を流れる神の川に逃れた「折花姫」

 もひとつ、陣馬山近くに残る「白百合姫」伝説。

 それらの3姫(4姫)の伝説をご紹介。

 ※上記の文中からのリンク先にてご覧願います。

> 相模原の戦国時代ヒストリア

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. 黒鈴

    全国各地に様々な姫伝説などがあると思われるが
    どうしてここまで残っているのか。そしてなぜ津久井地方なのか。
    場所的要因、時代背景や地元住民の心情の影響か。

  2. 黒鈴さま、コメントありがとうございます。
    津久井だけでなく、相模原にも「姫」にまつわる伝承はあります、大月市、多摩市にもあります。
    よって、津久井に姫伝説があるのが不思議と言うよりは、津久井を始め、全国各地にあって「普通」と考えた方が良いのかも知れませんね。
    私は、最初に調べた際に、津久井にも姫の伝説があることがわかり「ホッ」としたような感覚であったことを覚えております。
    また、色々とコメントを賜りますと幸いに存じます。

コメントするためには、 ログイン してください。