相武台団地「水道の蛇口」盗難~2021年5月20にち136本の蛇口が盗まれる

「相武台団地「水道の蛇口」盗難~2021年5月20にち136本の蛇口が盗まれる」のアイキャッチ画像

神奈川県相模原市南区にある相武台団地(そうぶだい-だんち)にて、水飲み場の水栓(蛇口)が、合計136本、2021年5月20日の夜に、何者かによって盗まれました。

相武台団地は96棟あり、1階部分の階段ののぼり口に、水を撒いたりするための水飲み場があり、水道の蛇口(水栓)が計約300本ありますが、そのうちおよそ60棟にて、水栓蛇口が盗難にあったものです。




元栓を閉めて、水が出ないようにしたうえで、蛇口の根元(土台部分)から、力尽くで引き抜かれた模様です。

神奈川県内では2021年4月以降、平塚市・海老名氏・厚木市・伊勢原市など、公園や自治会館の敷地内、建設現場などでも、少なくとも34個の蛇口と、手すり6本が盗まれています。

相武台団地は、神奈川県住宅供給公社?により、昭和40年から計画的に開発された賃貸住宅・分譲住宅の複合団地で、分譲住宅は82棟2080戸になる模様です。

窃盗事件として警察が捜査していますが、蛇口などには「銅」も含まれますので、金属目的での盗みかも知れません。
いずれにせよ、他人の物を盗んだり、他人に被害を与えるのは、とても許される行為ではありません。
一刻も早く自首して、罪を償うべきでしょう。