相模総合補給廠が一部返還されました

スポンサード リンク

相模原市は2014年9月30日、在日アメリカ陸軍相模総合補給廠の一部(中央区、約17ヘクタール)が国に返還されたと発表しました。

相模原市は、返還された土地を整備し、国際ホールやスポーツ施設の建設などに加え、小田急多摩線の延伸を含め、新たな街づくりを行います。

JR横浜線相模原駅の北側返還地に公共施設として国際ホールやスポーツ施設、商業施設などを配置する基本計画を2014年6月に策定しており、今後は2015年度までに具体的な整備計画を策定させます。
鉄道・道路用地には地上に道路、地下には念願である小田急多摩線を延伸させる構想があります。

なお、今回、返還されたのはアメリカ陸軍から、日本国(防衛省)に返還されたと言う事で、今後、防衛省が返還地にある住宅のアスベスト(石綿)や土壌の調査を進めます。
それで、問題がなければ、防衛省から財務省へ引き継がれて、相模原市などが着工に入れると言う手筈となるため、今すぐ、自由に建設開始できると言う事ではありませんので、今後の進捗に注目です。
<追伸>

相模原市中央区の「旧在日米軍相模総合補給廠の返還地内」にて整備を進めていたた「南北道路」(市道補給廠1号)は、2017年4月22日(土) 14時に開通しました。
当日は朝11時から開通式典も行われています。
ただし、当面の間、JR相模原駅北口では「ロータリー」での折り返しになっており、横浜線を通り抜けはできませんので、ご注意願います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

    • 露伊朝の進撃
    • 2016年 7月 03日

    私的な米軍基地跡地を上手く利用する方法を考えた。
    米軍基地を全面返還し、横浜線の北側は高架用地として残しておく。
    次に、米軍があった事を抹消させる為にロシア語図書館、ペルシア語図書館を設置させる。
    そこにはロシア映画やイラン映画等も楽しめる図書館を超えたロシアやイランの事を触れる場所として使えれば、脱アメリカの施設として使い勝手の良い場所になると思います。

    他にもクレムリン公園、ウメール広場、ホメイニー公園等を使ってそこには運動施設も含めて極力、テヘランやモスクワの街並みを忠実に再現させる方法で行く。
    ホメイニー公園やクレムリン公園はスポーツ施設としての機能も果たせる役割も持ちます。

    沖縄の翁長知事ではないが、米軍基地は町の発展を阻害しているのは確かだと思います。
    現に那覇新都心は米軍基地が変換されてから発展した街だから余計にです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る