相模原市緑区の女性アパートに深夜侵入 暴行未遂で大用裕之容疑者逮捕

スポンサード リンク

 神奈川県警捜査1課と相模原北署は9月2日、住居侵入と強姦未遂の容疑で、相模原市緑区町屋の会社役員、大用裕之容疑者(32歳)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2014年5月27日の午前1~2時ごろまでの間、相模原市緑区内のアパート2階にある女性会社員(27)方に侵入した上で、現金を脅し取ったり、暴行しようとした疑い。

 女性会社員は就寝中だったが、侵入者に気づき、叫び声を上げて抵抗したため、大用容疑者は逃走。

 2人に面識はなかったが、事件直後、現場周辺の防犯カメラに不審な車が写っていたことから容疑者特定に至った。

 大用裕之容疑者は「付近のアパートに行ったことはありますが、何をしたかは今はよく覚えていません」と容疑を否認しているという。

 大用裕之容疑者は神奈川県相模原市緑区町屋3-6-3にある「未生園」と言う造園業者の役員であると言う噂もあるが、真偽のほどは不明。

 (参考) ニュース内容は産経新聞より

 とても許せることができない事件ですね。被害者の方に、謹んでお見舞い申し上げます。

 ※当サイトでは相模原市民が安心して暮らせる街、相模原の治安向上を願い、このようなニュースを率先して掲載させて頂いております。新しい情報が入り次第、追記・修正して参ります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る