カテゴリー: 相模国の歴史

4代将軍に終身仕えた久世広之

 1659年、増山正利の後に相模原の領地を受け継いだのは久世広之(1609~1679)であった。 久世広之の父・久世広宣は今川義元→徳川家康と仕えた戦国時代の武将で、下総・上総国2500石の旗本になっていた。 久世広之3男であったが、のちに...

4代将軍と親戚になった増山正利

 増山正利(1623年~1662年)を語る前に、お楽の方(高島御前、宝樹院)を知って頂きたい。 お楽の父・青木三太郎利長は旗本・朝倉家に仕える下級武士であったが、主君の金を使い込み、禁猟だった鶴を撃ち死罪となった。 その後、母とお楽の方は江...

徳川忠長 相模原の一部も知行していた将軍の弟

将軍争いに敗れた徳川忠長徳川忠長(1606年~1633年)は徳川幕府二代将軍・徳川秀忠と正室・お江与の間に生まれた男児で、3男にあたる。お江与は、浅井長政とお市(織田信長の妹)の間に生まれた三女で、姉は茶々=豊臣秀吉の側室・淀殿。徳川忠長の...

内藤氏・青山氏の転封後の江戸時代相模原領主

 江戸時代 内藤氏・青山氏の転封後 内藤氏・青山氏の転封後には、その領地は1615年~1623年頃、一時、幕府直轄領となった。相模原市域の直轄領は、代官・守屋行広(守屋定佐太夫行広)が支配した。守屋氏については、津久井城のコーナーで触れてい...

淵野辺を幕末まで知行した旗本・岡野氏

淵野辺は1590年当初、徳川家の直轄地だったが、関ヶ原の戦い以降、岡野氏が淵野辺を所領とした人物として文献に残ることになる。岡野家の先祖は小田原北条氏の評定衆であり、特に外交において秀で、内政にも名を残している有名な「板部岡越中守融成(板部...

相模原の江戸時代 (6) 目まぐるしく変わった領主

これまで、全5ページに渡り、相模原市内各地の街の江戸時代について触れてきたが、幕末まで相模原各地の支配者が固定した訳ではなく、改易などで、相模原市内の各地も支配者がめまぐるしく変わることになる。大半の領主は本貫地(本領地)が別の土地(藩など...

相模原の江戸時代 (5) 相原・矢部・淵野辺・鵜野森

相原・矢部・淵野辺徳川家康関東移封の1590年当時は、徳川家の直轄地で、代官頭として彦坂元正(彦坂小刑部元正)(?~1634年)が統治した。彦坂元正の父・彦坂光景は今川家・今川義元に仕えていたが、今川家没落後は父子とも徳川家康に仕え、奉行と...

相模原の江戸時代 (4) 鶴間

鶴間徳川家旗本の大岡義成(大岡吉重郎義成)(?~1598年)が上鶴間360石のうち300石で入る。残りの60石は徳川家直轄地。大岡氏は鶴間以外は知行しておらず、鶴間が本貫(本領)である。のち330石に加増された大岡氏は「矢口」を中心に江戸末...

相模原の江戸時代 (3) 下九沢・上九沢

 下九沢 1698年からは、佐野勝由(佐野信濃守勝由)と、加藤明教(加藤三左衛門明教)の2人が下九沢を分割知行して幕末に至った。 加藤氏は、書院番を勤め、所領は下野国都賀郡内の6村が中心で、相模国では4村のうち、1つがこの下九沢52石であっ...