カテゴリー:相模国の歴史

  • おひめばたけ(おひめさま)お姫畑 相模原情報質問回答

     「お姫畑」に関する情報をインターネットで調べましたがほとんどありません。  初歩的な質問で恐縮ですが、相模原の14・15世紀ごろの状態はどのようにすればわかるでしょうか。どこへ行けばいいでしょうか。どのような本を見れ…
  • 日本武尊(ヤマトタケル)の火攻め伝説は、神奈川県大和市か?

     ヤマトタケルの相武での火攻め伝説は、相模原の説もありますが、より可能性が高いと考えられる、神奈川県大和市の説をご紹介させて頂きます。  日本武尊(ヤマトタケル)の東征の内容や、古事記・日本書紀の解釈は、相模原説に…
  • 津久井【三姫物語】

     相模原市の津久井地区には3人の姫の伝説が残る。  南北朝時代に、鎌倉から逃れ津久井の青山の寺で病をいやし、甲州へ落ちのびていった「雛鶴姫」  串川の由来になったとされる「櫛川姫」の悲恋  武田氏滅…
  • 相模国最古級の有鹿神社と勝坂遺跡

     相模原にもすごい歴史を持つ神社があった  約1万年前に氷河期が終わり温暖化となり、豊かな縄文時代に入った。  相模原の各所にも縄文時代の遺跡が発見されているが、その中でも60軒以上の住居跡が発見されている「勝坂…
  • 横山党と愛甲氏

     質問回答編とは?  当方関連サイトにお寄せ頂きましたご質問などに対して、相模原の歴史研究会所属会員が回答するものです。古い歴史にはわからないことが多いですので、もちろん歴史認識の違いや間違えなどがあるかも知れませ…
  • 横濱鉄道(横浜鉄道)の開通 【JR横浜線】

    相模原には現在JR横浜線・相模線、小田急線、京王線の各鉄道が通り、市民の足となっていますが、その昔、市内には更に電車ができるはずでした。そんな幻の鉄道を中心にご紹介致します。   横浜鉄道の開通 横浜在住で貿易…
  • 幻に終わった相模原の鉄道 「相武電気鉄道」

    2つの鉄道敷設出願 横濱鉄道(現在の横浜線)が東神奈川~八王子間で開通するなど、明治時代に入り、東京や神奈川各地に鉄道網が敷かれ、鉄道の利便性がわかった相模原の人々は、自分たちの村にも鉄道を引こうと考えました。 …
  • 相模原の新田開発と呼ばわり山

     江戸時代後期になると、各藩や幕府の財政を立て直す為、石高を上げる施策として「新田開発」が全国で行われました。  新田開発とは、その名の通り、新しい田んぼを作って、収穫を上げることです。  水の確保が難しい相模原で新…
  • 津久井城と矢部氏の足跡 (3)  津久井城の開設者とされる津久井為行

     津久井城の開設者とされる津久井為行  津久井為行には、3人の息子がいたとされ、その名を矢部義郷、二宮義国、平塚為高と言う。  まずは次男の二宮義国から検証する。  1213年の和田合戦前の時代、八王子を中…
  • 津久井城と矢部氏の足跡 (2)  津久井氏を検証

    津久井城を築城したとされる津久井為行 相模原市の津久井に館を構えたのは、鎌倉時代初期の「津久井為行(筑井為行)」で、その津久井氏の名前が地名になったと言う説がよく見かけられ、津久井城のコーナーでも紹介させて頂いた。…
 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る