カテゴリー:相模原の歴史

  • 蓮乗院元屋敷 牧野・相模原

     1285年に、蓮乗院の開祖・乗海忍性津師が寺を創設した蓮乗院元屋敷。  極楽寺を開山した忍性上人が、戦火をさけて行基作と言われる阿弥陀如来像を背負って、この牧野の地へ逗留した際に、堂ヶ尾山に草堂を営み「天徳堂…
  • 田名氏館跡 相模原における鎌倉武士の館跡

     相模原市の田名にある「田名氏館跡」に行って参りました。  田名氏と言うのは、源平合戦に出陣した横山党の横山時広の次男・横山広季が、棚(田名)を領地として定住し、田名二郎兵衛を名乗ったのが始まりと考えられます。 …
  • 相模原の戦国時代の城郭・史跡ヒストリア-訪問記・写真付

    相模原の「戦国ヒストリア」と称して、相模原市内の戦国時代における史跡・城などを写真と解説付きで、アクセス方法・行き方・駐車場情報・観光所要時間なども交えてご紹介させて頂きます。 相模原で勉学に励んでおられる小学生や…
  • 石楯尾神社のミステリー・謎に迫る 相模原にある歴史ある神社

     927年(延長5年)にまとめられた「延喜式神名帳」(えんぎしきじんみょうちょう)の巻九・十に記載されている相模国の延喜式内社13社の内の1社に「高座郡石楯尾神社」とある。  延喜式神名帳に記載された神社は、延喜式…
  • ヤキツ(焼津)は相模原だったのか? 日本武尊(ヤマトタケル)の相模原伝説

     古事記・日本書紀に登場する日本武尊(ヤマトタケル)は有名で、日本各地にその伝説が残されています。  そんな、日本武尊が「相模原」にも大きく関係していた可能性があるのです。  なにぶん1700年前の事ですので、不明な…
  • 航空神社 城山湖脇の牡竜籠山に建立された神社 相模原市緑区

     相模原の航空神社をご紹介致します。  神奈川県相模原市城山町川尻の雨降龍居山(龍籠山)(あめふらしたつごやま)にあります。  すぐ脇には、人造湖「城山湖」があり、その周囲は約90分のハイキングコースとして親しま…
  • 温泉坂 相模原の温泉なのか? 城山・川尻の坂の名前

     相模原市緑区の城山総合事務所(旧・城山町役場)の信号から、西へと下る坂があります。  大正寺久保沢観音堂に出る一方通行の坂ですね。  この坂の名前は「温泉坂」と言います。  なぜ「温泉」の坂と言う名前が付…
  • 津久井【三姫物語】

     相模原市の津久井地区には3人の姫の伝説が残る。  南北朝時代に、鎌倉から逃れ津久井の青山の寺で病をいやし、甲州へ落ちのびていった「雛鶴姫」  串川の由来になったとされる「櫛川姫」の悲恋  武田氏滅…
  • 新選組・局長「近藤勇」は、相模原の上溝も訪れていた

     調布出身の新選組・近藤勇が、江戸または日野にいた頃、相模国高座郡上溝村(現在の相模原市中央区上溝)の名主・佐藤為彦宅を訪れたそうです。  土方歳三の姉・のぶが、日野宿で近藤勇らを支援した名主・佐藤彦五郎(佐藤俊正…
  • 亀ヶ池八幡宮 相模原での七五三

     相模原市内では恐らく一番由緒ある神社が亀ヶ池八幡宮だ。  御神祭は応神天皇(おうじんてんのう)。応神天皇と言えば、第15代天皇であるが、実在性が濃厚な最古の大王(天皇)で、だいたい4世紀頃の人物だったと推測される。 …
 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る