タグ:津久井

  • 津久井やまゆり園の植松聖容疑者~措置入院・Twitter・Facebookアカウント情報

    神奈川県相模原市緑区にある神奈川県立の障碍者施設「津久井やまゆり園」で、刃物を持った男が夜間に侵入し、19人が死亡、26人がケガする事件が起きました。 大量殺人事件としては、戦後最大・戦後最悪の犠牲者を伴う事件となる可…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小原宿本陣と小原宿本陣祭【神奈川県相模原市】毎年11月3日開催

    小原宿(おばらじゅく)は、甲州街道の9番目の宿場町で、小原宿は相模湖からほど近い小仏峠に掛かる甲州街道(国道20号)沿いにあります。 小仏峠の西側である事から重要な宿場でしたが、江戸時代には西行きの旅行者のみ宿泊が許さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小山田行村の墓(小山田八左衛門行村の墓)~郡内・小山田氏一族

     津久井の折花姫伝説にまつわる話として、その伝承が本当であったとの実証とも言える、小山田八左衛門行村の墓をお参り致しました。  この小山田行村(小山田八左衛門行村、小山田八左衛門尉行村、小山田彦之丞)は、小山田…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 守屋屋敷跡~津久井の旧甲州街道と吉野宿

     相模原市の藤野町にある守屋屋敷跡をご紹介させて頂きます。 守屋屋敷跡  まずは、車を止めさせて頂くため、青蓮寺に向かいました。  昔の甲州街道沿いにあります。  上記トップ写真がその青蓮寺です。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 功雲寺と津久井城主・内藤氏の墓 訪問記・駐車場など

     津久井城からほど遠くない所にある、功雲寺(こううんじ)に行って参りました。    新編相模国風土記稿によると、功雲寺は、戦国時代の津久井城主・内藤景定(内藤左近将監景定)が、1534年3月20日卒、功雲寺の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小仏城山と景信山烽火台 行ってきました報告

     相模原の戦国時代史跡一覧の完成を目指して、難関の1つである「小仏城山」と「景信山烽火台」をようやく訪問して参りました。  小仏駐車場まで車で行きまして、そこから小仏峠に上がり、小仏城山と景信山烽火台へ行って、降りてく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 寸嵐の首塚と首洗い池~武田信玄が三増峠の戦いで勝どきを上げる

     武田信玄が、三増峠の戦いで北条氏照らと戦ったあと、武田勢は沼本の渡しと、津久井の旧街道の2箇所から道志川を渡って「そり畑」と言う地で「勝鬨(かちどき)」を挙げました。  そして、討ち取った武将の首実験も行ったとされ、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 佐藤豊成(佐藤伝左衛門豊成、佐藤傳左衛門) 北条家・津久井城主・内藤綱秀の家臣

     豊臣秀吉が小田原攻めをした時の事です。  佐藤豊成(佐藤伝左衛門豊成、佐藤傳左衛門)は、津久井衆の井上源三郎と共に、1590年4月17日、白根の戦い(白根合戦)※伊勢原市で戦功があり、津久井城主・内藤綱秀から感状を受…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 青野原関所跡 相模原

     皆様、相模原にも「関所」があったことご存知ですか?  道志道(現在の国道413号)は、甲州街道の裏街道ですが、江戸時代の時は富士講と言う、富士登山の一行も、結構多く通行したため、青根原や青野辺りは、結構賑わったよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 首塚(富士塚) 津久井城落城の際に北条勢の首を祀った地

     1590年、津久井城が落城した際、北条家の家臣らの首を埋葬したのがこの「富士塚」とされる。  なお、案内板には徳川勢の平岩主税が津久井城を落城させたと言うが、実際には、徳川勢の本多忠勝、平岩親吉、戸田忠次、鳥…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る