タグ:津久井

  • 青野原関所跡 相模原

     皆様、相模原にも「関所」があったことご存知ですか?  道志道(現在の国道413号)は、甲州街道の裏街道ですが、江戸時代の時は富士講と言う、富士登山の一行も、結構多く通行したため、青根原や青野辺りは、結構賑わったよ…
  • 首塚(富士塚) 津久井城落城の際に北条勢の首を祀った地

     1590年、津久井城が落城した際、北条家の家臣らの首を埋葬したのがこの「富士塚」とされる。  なお、案内板には徳川勢の平岩主税が津久井城を落城させたと言うが、実際には、徳川勢の本多忠勝、平岩親吉、戸田忠次、鳥…
  • 相模原の戦国時代の城郭・史跡ヒストリア-訪問記・写真付

    相模原の「戦国ヒストリア」と称して、相模原市内の戦国時代における史跡・城などを写真と解説付きで、アクセス方法・行き方・駐車場情報・観光所要時間なども交えてご紹介させて頂きます。 相模原で勉学に励んでおられる小学生や…
  • 石楯尾神社のミステリー・謎に迫る 相模原にある歴史ある神社

    927年(延長5年)にまとめられた「延喜式神名帳」(えんぎしきじんみょうちょう)の巻九・十に記載されている相模国の延喜式内社13社の内の1社に「高座郡石楯尾神社」とある。 延喜式神名帳に記載された神社は、延喜式内社…
  • 津久井【三姫物語】

     相模原市の津久井地区には3人の姫の伝説が残る。  南北朝時代に、鎌倉から逃れ津久井の青山の寺で病をいやし、甲州へ落ちのびていった「雛鶴姫」  串川の由来になったとされる「櫛川姫」の悲恋  武田氏滅…
  • クマ出没に注意 (津久井)~2018年相模原最新情報

    毎年恒例となって参りましたが、今年も相模原で「熊」の目撃情報が届いております。 2017年6月16日、朝10時30分頃、緑区若柳(わかやなぎ)、関川(せきがわ)バス停西側、相模湖対岸で、クマが目撃されました。 …
  • 白百合姫伝説を検証

     前頁では「白百合姫」に関する伝説をご紹介させて頂きましたが、2つの伝説を検証してみます。  まず後者の明王峠近くの長者屋敷の姫の件ですが、当初、どのような人物なのか、全くわかりませんでした。関連して、重方と言う名…
  • 白百合姫伝説と石投げ地蔵嬢が塚

    津久井三姫物語でもご紹介致しておりますが、津久井には姫にまつわる伝説がいくつかあります。 相模原市の白百合姫に関するご紹介です。 陣馬山近くの明王峠には甲斐・武田家が武運を祈願したという不動明王があります。 …
  • 神の川に身を投じた折花姫・相模原のお姫様伝説

    戦国の世にさる国から追われ、丹沢山塊の麓を流れる神の川に身を投じた折花姫  武田家臣としては戦陣での使番であるムカデ衆(大百足差物衆)の武将であった小山田行村(小山田八左衛門尉行村、小山田八左衛門、小山田彦之丞)は…
  • 串川の由来でもある櫛川姫の悲しい恋の伝説

     津久井城に近い場所に鳥屋と言う村があり、その村の真ん中をゆうゆうと川が流れていた。  川の下流には横笛を好む若者がおり、その若者は毎晩岸辺に立って笛を吹いていたが、ある月夜の晩、若者は足の向くままに川上へと笛を吹…
 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る