タグ: 北条氏

津久井城と北条氏 【相模原の歴史】

はじめに相模原市の津久井地区は、相模国と甲斐国の接点として、戦略上重要な土地の為、戦国時代には何万もの大軍がしのぎを削った。そんな相模原の津久井にまつわる話をまとめてみた。津久井城(築井城) 津久井湖畔の神奈川県立公園「津久井湖城山公園」に...

横山党・小山田氏・北条氏・武田氏の先祖

 相模原の歴史シリーズ登場する大名や武将の経歴・家系などをまとめた番外編です。 横山党(横山氏) 敏達天皇(538?~585?)→春日皇子→小野妹子と、遣隋使を務めた小野妹子の子孫で、小野篁(おののたかむら)(802~853年)の後裔と言わ...

矢部八幡神社(箭幹八幡宮)と小山田高家のなぞ

矢部町にある「箭幹八幡宮(矢部八幡神社)」の御祭神は応神天皇(おうじんてんのう)です。八幡神社の総本宮は、大分県の宇佐神宮です。八幡神社と言うものは各地にありますが、その理由は、大和朝廷が東日本の各地を征服した際に、八幡神社を建立した為だと...

相模原の紅葉 穴場スポット「評議原」

だいぶ冷え込んで参りましたが、今回は、相模原の穴場とも言える紅葉スポットをご紹介させて頂きます。その場所は「評議原」(ひょうぎっぱら)と呼ばれる場所です。なんでも、戦国時代の豊臣秀吉の小田原攻めの際、前田利家・前田慶次郎・上杉景勝・直江兼続...

又野城(又野城山) 津久井の謎の城を特定してみた

 相模原市の津久井城に近い津久井又野に城山(245m)と呼ばれる場所があります。 又野城山とも呼ばれます。 天然の要害地形であり、相模川と道志川の合流点である沼本の渡しから三ヶ木へと津久井街道を登ってくる敵を高所から迎撃できる有利な防衛線陣...

仙洞寺山烽火台 相模原にある北条家の監視城

 相模原の津久井・道志川と串川の間にある仙洞寺山583mは「火海(ひうみ)峠」と呼ばれ、この山が津久井城と伏馬田城との中間点に位置することからも、烽火台として使用したと考えられます。  津久井には、烽火の火が消えず、付近一帯の山が本当に火に...