スポンサード リンク

冬は室内・アイススケート場、夏は屋内温水プール
 神奈川県相模原市中央区弥栄

多目的スポーツ施設の銀河アリーナ
 1991年1月20日開館の銀河アリーナは、相模原球場などがある「→ 淵野辺公園」の敷地内にある。6月10日~9月16日は、屋内プールとして利用でき、冬季の10月20日~5月6日までは、神奈川県でも貴重な屋内スケートリンクとして利用でき、観覧席1242席もある多目的スポーツ施設。
 アリーナと言うと、コンサート会場・イベント会場と言うイメージがあるが、銀河アリーナではコンサートなどは行われない。

冬から春は貴重なスケート場に変身し大変賑わう
 相模原市内からだけでなく、東京・八王子、山梨など、遠方からもスケーターが訪れる冬の人気施設。
 貸靴もあるので、初心者でも気兼ねなく滑る事ができる。メインリンクは60mX30mの広さ、サブリンクは18mX14m。滑走は左回りの一方通行。土日祝はスケートを楽しむ老若男女でとても賑わう。
 また、相模原市民向けのスケート教室なども予約制だが開催される。市の広報誌で確認して欲しい。
 実はスケート場は朝6:15から開いて、深夜は2:30まで滑る事ができる。ただし、我々一般利用できるのは朝9時からの夕方までの昼間だけで、早朝・夜間などは特別利用枠となり、市民優先の事前予約のみとなる。アイスホッケーチームや、フィギュア練習などに使われており、深夜でも予約で一杯なほど貸切も人気状態なのだ。
 また、平日などの場合、市内小学校のスケート教室利用があり、コースが半分だけになるなどの場合もある。マレに大会などで土日でも貸切になる場合もあるので、公式HPで確認して欲しい。
 なお、一般利用でも、30名以上の大人数になる場合は、事前に電話連絡が必要となる。
 ケガ防止の為、手袋は全員着用必要。初心者・子供はヘルメット又は毛糸の帽子着用が必要。数が充分ではないがヘルメットの無料貸出もある。スピードスケート用の靴には、トゥガードをしなくてはならない。
 付添い者や見学だけの人は、外の階段から入れる3階観覧席(無料)を利用できるが、この3階席も内部同様に寒い。2階のスケートリンク内に入場する場合は、滑らなくても入場料が必要。

銀河アリーナ 冬スケートに持参したい物一覧
 防寒着(気温約3℃)、手袋(防水タイプ)、お菓子、タオル

銀河アリーナ クチコミ情報
 更衣室・脱衣所のロッカーは100円が戻る式。1階の入口先には貴重品ロッカーもある。
 スケートリンクサイドには、暖房の効いた休憩室があり、ジュースの自動販売機、冷凍スナック類とカップめんの自動販売機がある。
 建物1階には売店や、喫茶・軽食があり、おいしい食事も取れるが、有料入場している場合寄ることができないので、入場前、又は退場後の利用のみになるので注意。
 スケート場には、カーリングの本橋麻里選手や、フィギュアのキム・ヨナ選手も訪れたことがある。
 日本では全国的にスケート場が減少しており、冬季だけでなく、夏季など1年通じてスケート場として通年営業化を望む声もあるが、さすがに夏季は冷却コストが非常に掛かるので、実現には至っていない。
 イベント開催などで第1駐車場が満車になると予測される日には、中央広場が臨時駐車場になり、係員が誘導してくれるので、小生の場合、満車で止められないと言う経験はなし。ただし、第2駐車場は土日祝、常に満車状態なので運が良くないと止められない。。
 淵野辺公園から車で5分、歩くと10分程度の距離に、プラネタリウムもある「→ 市立博物館」がある。

 → 夏の銀河アリーナ 屋内プール情報はこちら

印象 冬はスケート場、夏はプール
遊べる度 最低目安60分、最長目安3時間
利用料 冬季スケート利用は時間制限なし
大人800円、中人(高校生~18歳)400円
4歳~中学生まで400円、0歳~3歳無料
高齢者(65歳以上)400円
※貸靴 大人・中人400円、子供200円
駐車場 無料 8:00~22:00
第1駐車場255台 (満車時は臨時P拡大)
第2駐車場21台
お休み 営業期間中以外の日程
時間 冬季スケート (一般利用可能時間)
火曜・木曜 9:00~18:00
上記以外の曜日 9:00~20:15
お店・売店 ジュース・アイス自動販売機
トイレ 完備 清掃が行き届いているい
公式サイト 銀河アリーナ


銀河アリーナの建物全景。冬はスケート場、夏はプールになるのだ。

冬から春には人気の屋内スケートリンクになる。

製氷作業中のスケートリンク

外階段からは、普段は無料の観覧席に行く事ができる。

サブプールもスケートリンクになります。

左手前にあるのが売店、奥にあるのが軽食レストラン・喫茶店。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る