JR横浜線ATOS化【2015年7月12日から】運行は東京総合指令室で一元管理

スポンサード リンク

 JR横浜線がATOS化されて、2015年7月12日から運用開始されました。

 ATOSとは、東京圏輸送管理システムの事を言います。
 これにともない、これまで橋本駅で運行管理されてきたものが、東京総合指令室(東鉄指令)での一元管理に変更されます。

 なお、相模線に関しては、橋本の運転司令室がそのまま使用されて、橋本駅にて運行管理が継続されます。

 JR横浜線に乗車される方で、ATOSが実感できるのは、電車接近時の案内放送や電光掲示版の表示がATOS化されている部分になるかと存じます。

 しかし、開始された翌日の7月13日夜20時41分、東神奈川駅で信号トラブルが発生し、横浜線と京浜東北線が全線で運転を見合わせる事態に・・。

 これは、横浜線のATOS化での問題発生と言う事ではないのですかね?
 約50分間止まったようです。

 下記はTwitterでの情報です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る