相模原市 Go To eatキャンペーン情報 適時更新

「相模原市 Go To eatキャンペーン情報 適時更新」のアイキャッチ画像

農林水産省による経済対策「Go To Eatキャンペーン」は、神奈川県相模原市でも適用されます。
どんな割引・特典があるのかの概要、利用者としての注意点、事業者(飲食店)としての登録方法などを、掲載致してみます。

2020年10月1日現在の情報に修正しました。

Go To トラベル(観光庁)での地域クーポン券とは、別枠での経済対策です。
もちろん、GoToトラベルの地域クーポン券と、GoToイートの割引、両方利用可能ですが、実際の飲食店利用時には、どちらか一方での清算になる見込みです。
ただし、9月中旬時点での情報によると、GoToトラベルの地域クーポンを利用できる飲食店で、GoToイート事業の食事券も「併用できる」可能性が出て参りました。
両事業に登録している飲食店であれば、地域クーポンの6000円と、イート食事券の5000円の合計最大11000分を、利用できる可能性が出てきたと言う事になりますが、まだ、詳細は未定です。

Go To Eat の開始時期は全国一律ではなく、準備のできた地域や、準備ができた予約サイトから、順次スタートとなります。
早ければ2020年8月下旬頃(→その後、2020年10月頃)から、開始される見込みですが、相模原市での開始時期は、まだ未定です。(ほかの地域も、まだ未定です。)

地域の単位が市町村ではなく「神奈川県全体」でと言うことに、落ち着きそうです。
なお、神奈川県では、準備が、遅れているほうで、11月下旬くらいから、開始の見込みとなりました。
ただし、予約サイトからの分は、別物ですので、9月中旬頃から、順次スタートするようです。

2種類ある利用方法

Go To Eatキャンペーンの助成金適用は「オンライン予約サイトからレストランを予約したとき」でのポイント還元と、利用者(お客様)が、割引になっている「食事券」を事前購入する方法と2種類あります。

オンライン飲食予約では、事業登録している予約サイトを経由して予約すると、来店者(お客様)は、下記の割引を受けられます。
下記のような予約サイトが、事業登録しております。
2020年10月1日から、準備ができた、下記の予約先などから、順次スタートです。

ぐるなびネット予約
Yahooロコ予約
食べログ

ランチタイム 500ポイント
ディナータイム(15時以降) 1000ポイント

ポイントは、次回以降に、飲食店で使用できるポイントになります。(初回利用時には割引がありません)
1回最大10名までの会食での付与(最大1回1万ポイント)になります。
ポイトン付与は2021年1月末までの予定で、有効期限は2021年3月末までとなります。
直接店舗に予約した場合などには、特に割引・ポイント付与はありません。

予約と言う事は、前日までなどに、明日何時に何名と、予約サイトから予約しなくてはなりません。
事前に予定を組まないといけませんので、ちょっと、使いにくいと言う方もおられるのでは無いでしょうか?
そのため、上記の予約サイトでのポイント付与以外に「食事券」による割引販売があります。

別途、プレミアム食事券の販売があります。

1万2500円分の食事券を、1万円(25%プレミアム)にて、購入できる「プレミアム食事券」となります。
食事券の発行は、各地域の発行事業者(都道府県・都市単位など)から購入することになります。
最大1人2セットまで購入できます。
販売は2021年1月末までの予定で、有効期限は2021年3月末までとなります。
お釣りはでません。

店内飲食だけでなく、宅配、テークアウト(持ち帰り)も、食事券が使えるようになりました。
その後、配達・宅配がメインの飲食店は、除外となりました。

予約サイトから予約して、食事券にて支払い(2重の適用)ができるのかは、まだ不透明です。

販売方法は、各地域によって、さまざまになるため、相模原市においても、まだ詳細は不明です。
市役所が対応するのではなく、商工会議所など、地元で名乗り上げた事業者が、食事券を発行すると言う事になります。
なお、神奈川県相模原市の飲食店で有効な食事券は、相模原市の食事券でしか購入できず、相模原市以外では使用できないと言う感じになりそうです。
神奈川県は第1次で、手を上げた事業者がいなく、相模原市単位ではなく、神奈川県全域が、対象地域になる見込みと変化して参りました。(鹿児島県などは、細かく地域が分かれています。)
そのため、スタートは、神奈川県は全国でも遅い方になる予定でして、2020年11月下旬頃以降になると推測されます。

飲食店(事業者)の登録は?

少し分かりにくいのですが、レストラン・カフェ・居酒屋などの飲食店が、個別に、農林水産省に参加登録をするのではありません。

オンライン予約での割引を適用したいときには「オンライン飲食予約サイト事業者」に、店舗を登録する(加盟する)ことで、参加が可能です。
例えば、ぐるなび食べログなどのレストラン・オンライン予約サイトに、参加することが必要になると言う事です。
すでに、予約サイトに加盟しているのであれば大丈夫ですが、まだ加盟していない飲食店の場合、早めにアクションを起こすと良いかと存じます。
ただし「予約システム」ですので、店舗側でも、何時から何名と言った、予約に毎日対応できる能力、返信対応などが求められます。
難しいようでしたら、食事券だけ対応するのも、検討するべきかと存じます。
なお、キャンペーン期間中は、加盟金・月額利用料などを免除することが、予約サイトの事業者に義務付けられています。

食事券でのお客様を受け入れたい場合には、別途、食事券の発行事業者に、店舗を登録する必要があります。
この「食事券発行事業者」は、地元の商工会議所などが、事業者登録する予定でして、その商工会などに所属するなどで、適用されるお店になると言う事です。
執筆時点で、相模原の商工会議所が対応するのか、それとも、別の業者が名乗り出るのかは、まだ、不明です。
9月28日の情報では、神奈川県も、名乗り出た事業者が発生したため、10月に審査が行われて、運営事業者が選ばれる予定との事です。
※神奈川県全域でと言う事になりそうですが、選定が終るまで、申請先などは、現時点では、まだ、よくわかりません。
いざ、立ちあがりましたら、その事業者に、店舗が参加登録することで、食事券が使えるお店になると言う事になります。

名前は、GoToイートと、同じですが、予約サイトと、商品券は、まったく、別物とご理解願います。
予約サイトの適用になる場合には、予約サイトに登録が必要です。
また、商品券として適用になる場合には、商品券の適用飲食店として、商品券の取り扱い事業者に登録が必要です。

なお、飲食的には、ガイドラインに則り、感染防止対策に取り組んでいることが、参加条件となっています。

利用する側の注意点

Go To Eatキャンペーンのプレミアム商品券は、各地域で、開始時期が異なります。
そのため、皆様が利用したい地域からの情報に注意する必要があります。
予算がありますので、予算をクリアしそうになりましたら、その時点で、受付終了になる可能性があります。
開始されたら、早めに予約したり、食事券を購入したりするのが、得策です。
新しいことがわかりましたら、順次、内容を追記・更新させて頂きます。

その他、Go To トラベルキャンペーン(旅行代金等を補助)、Go To イベント (イベント事業の支援)、Go To 商店街 キャンペーン(商店街支援等)も、実施・計画されています。

なお、相模原市では独自に「さがみはら39(サンキュー)キャッシュバックキャンペーン」を2020年10月1日より開始いたします。

(参考) 農林水産省

新しい旅のエチケット(観光庁)
かながわ県民割 GoToトラベルと併用(両方割引)可能 わかりやすく説明
かながわ県民割 相模原市内「割引適用」宿泊施設(ホテル・旅館)リスト