国道413号の青根 通行止状況と迂回路説明 (2018年10月10日現在) 

スポンサード リンク

2018年9月30日の台風24号で、神奈川県相模原市の国道413号(道志みち)にて、大規模な崩落が発生し、国道が長期間、通行止になっています。
平丸トンネル付近で大規模な土砂崩れになった模様です。
R413、通行止の区間は下記のとおりです。

災害時交通規制地図

上記の他にも、いやしの湯、道志川の青根キャンプ場に降りる近道も、土砂崩れ・倒木などにより、通行止になっています。

これらの通行止めは、長引く予定で、復旧の目途はたっていません。

下記は土砂崩れ現場の動画(朝日新聞さん)を共有表示したものです。

迂回路

トラックや運転に自信がない場合に、相模原から青根・道志村方面に行く場合、国道20号の藤野にある「日蓮入口」から南下して、県道76号にて、青根に抜けられます。
ただし、カーブも多く、道路が狭い箇所もあり、迂回路として普段より交通量も多くなっていますので、運転にはご注意願います。
カーブが多い箇所では、昼間でも「ライト」を点灯すれば、より対向車に知らせることができ、事故防止に繋がります。

普通自動車・軽自動車・バイクの場合には、道が狭いですが、伏馬田集落を抜けて行く道路が利用できます。

相模原から国道413号を走り、下記の地図ポイント地点から、北の方角、細い道へと右折します。
セブンイレブンの少し先から、右へ細い道に入り、坂を下って行きます。
信号が無い交差点で、曲がるところは若干、わかりにくいですが、その先は通行止箇所になっていますので、その手前となります。

途中、大きな車が通れないよう、車幅を狭くしているポールもある狭い道路です。
※現在、車幅限定にするポールは撤去されているようです。
ただし、トラックは通行が無理ですので、絶対に進入しないよう、お願い申し上げます。
トラックなど大きな車は対向車が来ると、すれ違いが困難な場合があります。
途中で引き返すにも、Uターンできる場所はなく、困ることになり兼ねません。

また、普段の昼間でも5台程度は途中ですれ違い、その度に、どちらかが道を譲ったりする必要もある狭い道ですが、今は交通量も4~5倍となり、余計に運転には気を使います。
実際に走行なさった方の動画がありましたので、下記にて共有表示させて頂きます。

なお、迂回することで、通常の2倍~3倍程度、所要時間が長くなります。
この迂回路は15分程度プラスの所要時間が必要な迂回路となりますので、お時間には余裕を持ってお出かけ願います。
土日祝の中央自動車道が渋滞した際の迂回路としても、413号は抜けられませんので、ご注意願います。
普段もそうですが、中央道が混雑していても、高速使ったほうが時間的には早いです。

最後になりますが、津久井土木事務所さんや道路工事関係者の皆様の努力により、当方が感知しない間に、通行止めが解除される場合があります。
また、情報が常に正しいと保証するものではありませんので、自己責任にてご活用賜りますと幸いです。
適時チェック致しておりますが、情報が古くなっておりましたら、コメント欄よりお知らせ願えますと助かります。
最新の情報入手に努めて、キープレフトと、安全運転をお願い申し上げます。

最新の通行止め状況は「相模原市」のホームページにてご確認願います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る