僅か1票差で2人の候補者が涙を呑む結果に、相模原市南区の市議選

スポンサード リンク

 2015年4月12日に行われた統一地方選挙。
 神奈川県相模原市の市議会選挙では、各区で定数が1減り、南区においては議員定数18議席を、29名の立候補者が争った。

 その18番目にギリギリ当選を果たしたのは、民主党の新人・小林たけとさん(43歳)で、得票数3404(3304.000票)。

 しかし、19番目となった無所属の元・大槻かずひろさん(59歳)は、3303票(3303.339票)、また、無所属の現職・みぞぶち誠之さん(91歳)は3303票(3303.000票)と、わずか「1票の差」にて、2名も落選する事となった。

 ちなみに、相模原市南区の市議選における無効票は2487票で、投票用紙の持ち帰りが2票。
 無効票の中には白紙投票も含まれるが、本当に僅かの差で議員になれた、なれないと言うのを間に当たりにすると言う結果となった。
 まさに、これが運命のいたずらなのだろうか?

追記

 その後、落選した大槻かずひろさんが異議申し立てを行い、票をもう一度確認したところ、有効票と考えられる1票が見つかり、現在、大問題となっている。
 新しい事がわかりましたら、更に更新して参ります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る