神奈川県愛川町にて実刑確定の小林誠容疑者が逃走 逮捕までの詳細まとめ 2019年6月

小林誠被告が逃走
スポンサード リンク

2019年6月19日(水)、神奈川県愛川町田代にて、実刑確定した男が逃走しました。
逃走したのは、小林誠被告(43歳)で、横浜地検(横浜地方検察庁)の説明によると、6月19日午後1時30分ごろ、小林誠受刑予定者の自宅にて、係官が収監しようとしたところ、刃物を所持して暴れ、逃走したと言う事です。
横浜地検の事務官4名、神奈川県警厚木署からは2名が現場に向かい、収監しようとしていました。
厚木署の警官は刑事で、防弾チョッキも着ておらず、拳銃も所持していなかったと言う。
検察庁の職員は手錠こそ持参しますが、拳銃や警棒などの携帯は認められていないし、逮捕術なども学んでいない。

小林誠・元被告は、神奈川県愛川町周辺で窃盗・傷害・覚醒剤取締法違反の罪で、1審(横浜地検小田原支部)で実刑判決を受けた後に控訴し、保釈されていました。
保釈保証金は600万円だったとの事です。
そして、2審の東京高等裁判所(東京高裁)で1月28日に控訴が棄却され、2019年2月9日に、懲役3年8か月の有罪判決が確定しました。
その後、東京高検に出頭せず、書面などの呼び出しにも応じなかったため、地検職員らが何度か自宅を訪ねていましたが、接触できていなかったと言います。
そのため、今回は事前通告なしに訪問したようです。

小林容疑者は「おまえら騙したな」などと大声で叫び、その後「準備するから出ていけ」と叫びながら、台所から取り出した包丁を取り出し、車に乗り込んで逃走したと言います。

問題なのは、その情報がニュースとして報道されたのが、夕方17時40分頃と約4時間後でして、地検からの公表じたいも逃走からすでに3時間以上、経過していました。
もっと、早く関係機関に情報がもたらされていれば、付近の学校やお店なども対応のしようがあったと思います。
新たな被害や、被害者が出なければよいのですが・・・。

3日目を迎えた6月21日朝7時て時点で、横浜地方検察庁のホームページでは、重要なお知らせには「偽サイトにご注意ください」とあり、逃走犯にご注意くださいとの呼びかけや、お詫びなどの掲載はありません。
逃げられてしまったのは、仕方ないとしても、このように公表・発表の部分は、お役所仕事ではなく、しっかりと迅速に行って頂けないのであれば、本当に被害を受けるのは善良な市民になってしまうのではと感じます。
警察からの通報があり、神奈川県愛川町の役場が防災無線で注意を呼び掛け出来た時間は、夕方18時前でした。

もっとも、これだけの罪を犯した人間の保釈をなぜ認めたのか?と言う根源の部分には、もっと疑問を感じます・・。

時系列

6月19日
13時すぎ、車で逃走
13時20分、妻に聞き取り、厚木署に逃走を報告
15時01分、厚木署から神奈川県警本部に報告
15時34分、厚木署から県警本部に緊急配備を依頼
16時30分頃、横浜地検が逃走中と発表
16時50分、相模原市内の国道16号を容疑者が走行
17時30分頃、横浜地検が記者会見
17時41分、相模原市の国道16号を更に容疑者が走行
17時46分、神奈川県警が緊急配備を開始
17時55分頃、相模原市南区の大型量販店の駐車場で容疑者の姿
18時頃、テレビ朝日の取材ヘリコプターが中津川の河川敷に緊急着陸
18時04分、容疑者は東名の大和トンネル付近を西へ走行
18時46分、厚木市妻田南のセブンイレブン厚木妻田南1丁目店の防犯カメラに容疑者の姿、長袖Tシャツなど黒っぽい(茶色?)服装で、ジーパン姿
19時すぎ、すぐ近くの理髪店で髪の毛をカット(1300円+税)を終えた模様(約15分)
20時16分、更に厚木市林のローソンの店内に容疑者の姿、半袖Tシャツ・ハーフパンツ姿とも。店を出たあと約20分間公衆電話を使用
その後、厚木市三田アパート駐車場(知人女性が住む)にて逃走に使ったクルマを放置 (23時30分頃発見)

※刃物は厚木市内の川に捨てたと供述。

6月20日
早朝、相模原市に住む知人女性が、男を大和市内まで車で送迎
大和市内で、別の知人男性に接触したが、少しして別れている。
その後、横須賀のアパートの幸地大輔容疑者と、行動を共にしていた模様。
ただし、車は知人から借りて、小林容疑者が運転したとの情報もある。

6月21日
鎌倉市内のアパートに潜伏していた模様。
夜になって「明日の昼に出頭する」と神奈川県警に電話があった。
子供が学校に行けなくて、かわいそうだから、出頭すると話した。

6月22日
現時点では足取り不明
3つほどの警察署を出頭先として指定していたが、約束の13時になっても小林容疑者は現れなかった。

21時15分頃、公衆電話から電話があったと、知人(暴力団員)が警察に通報した模様。
23時55分頃、警察は横須賀市公郷町にあるその公衆電話を特定。

※公衆電話から採取した指紋が一致。

6月23日

0時30分頃、特定していた公衆電話付近を警戒していた警察官が、小林容疑者らしき人物を目撃。(暴力団員である知人に2回目の電話をしたあとか?)
追跡するも、夜陰に紛れて見失ったが、公衆電話の受話器などの指紋を採取したところ、小林容疑者と一致した。
その後、県警が周辺の捜査を進め、横須賀市森崎の知人アパートが浮上。
警察は、小林容疑者の立ち回り先の1つとして、事前に幸地容疑者の存在を把握していた模様。
そのため、幸地大輔容疑者のスマホの電話発信・位置情報なども数日前からマークしていた模様。

5時30分?頃、捜査員がアパートを取り囲み、1階部屋の男性に「中から出ないようにと事情を説明」
6時38分、2階アパートの部屋から出てきたところ、容疑者を逮捕。
身柄確保された横須賀は、小林容疑者は土地勘がある場所だった。

逮捕時の様子

捜査員約20名で取り囲んだ。
もう逃げられないぞと説得した。
小林容疑者は「出頭すると言っただろう」と怒鳴った模様。
小林容疑者は抵抗せずに出てきたため逮捕した。
刃物は持っていなかった。
部屋の中には知人の男・幸地(こうち)容疑者の他、数名の女性や、子どももいた模様。
女性は「「弁護士を呼べ」「何でおまえら来たんだよ」などと、警察官にたて突いていた。
犯人蔵匿容疑で知人の男で、自称建設業・幸地大輔容疑者(38歳)を現行犯逮捕した。
のち家宅捜索にて、幸地容疑者のアパートからも、覚せい剤を吸う際の器具や注射器などが見つかっている。
また、幸地容疑者は、小林容疑者について「名前は知っていたが、別の人に紹介されて初めて会った」と話していると言う。
小林容疑者は、相当数の知人に電話を掛けていたが、大半に断られていたとされる。

小林容疑者と幸地容疑者の2人からは、その後、覚せい剤の陽性反応が出た。
幸地容疑者は、覚せい剤の売人でもあったことも判明。

下記は、逮捕までの情報ですが、そのまま掲載しておきます。

自宅からの逃走には自動車を使用しました。
車種はホンダのフィットで、自動車の色は「黒」(ブラック)との情報もあります。
クルマのナンバーは、相模502 ね877 との報道がありました。
男が普段使用しているクルマとの事です。

小林誠受刑予定者(小林容疑者)は身長172cmで中肉との事。
愛川町の自宅場所は不明ですが、NHKの報道ヘリコプターのカメラが撮影していた地上(場所)は、下記の地図の中心付近でした。
この場所が正しいとは限りませんので、ここだと断言するものではありません。
参考としてご理解賜りますと幸いです。

自宅では子供も含む家族で住んでいたと言う情報もあります。

実刑判決が確定していた小林誠被告の足取りですが、当初、神奈川県の横浜市の方面に逃走しているとありました。
追記します。
その後の情報によると、東名高速道路を西に向かって逃げているということで、警察が追跡を続けているとの事です。
その前には、更に、16時45分頃、相模原市の国道16号にて、感知されていたとの事です。
また、相模原市南区のドン・キホーテ?と思われるの駐車場で一旦クルマを降りるもすぐに出発したこともわかっています。
そのあと、すぐに東名に乗った模様です。

追記します。
その後、男の足取りがさらにわかりました。
相模原市内から16号で、横浜ICから東名に乗って、名古屋方面に向かったと報道がありました。
名古屋方面との発表を受けての報道だと存じますので、厚木を通り過ぎて、名古屋の方に行ったのかな?と感じていましたが、違ったようです。
18時過ぎに大和トンネル付近のHシステムに反応があったようですが、厚木ICで降りた模様です。
そして、神奈川県厚木市内のアパートの敷地(駐車場)で、23時30分頃、クルマが乗り捨てられていたのが発見されています。
車の中には人はいなかったとのことですが、このアパートは知り合い(女性)が住んでいることが、その後判明しています。
よって、最新情報としては、厚木市内に潜伏している可能性があると言う事になりそうです。
その後、判明したことですが、少年刑務所で知り合ったと考えられる知人も含めた、手助けを受けていたようです。
窃盗でも起訴された受刑者ですので、所持金が無ければ、空き巣など行う可能性もあります。
戸締りなどはしっかり行いましょう。

ただ、その厚木市内のどこで、車が発見されたのか?
そのあたりも、しっかり、情報が開示されないと、厚木にお住まいの方も、自分や子供らの命を守ろうにも、守り切れないような気が致しますし、不安に陥ります。
なんで、捜査している詳細・最新の情報が、どんどん、発表されないのか?
困ってしまうと思うのは、私だけでしょうか?

その後、厚木市三田であることまで、わかりました。
どうやら、土地勘がある範囲で行動しているように感じますので、恐らくは、遠くには逃れていないものと推測できます。

下記はTwitterにあった、小林誠受刑予定者の顔写真などです。

新たに逃走時の最初の服装がわかりました。
白いTシャツに、ハーフパンツとのことですが、6月19日午後6時45分に、厚木市妻田のコンビニの防犯カメラに、黒っぽい服を着た小林誠受刑予定者らしき姿が写っていましたが、服装が違っていたと言います。
よって、厚木市三田にてクルマを乗り捨てたあと、洗濯物を盗むなどして、服装を変えた可能性があります。
その後の情報として、乗り捨てたクルマの中に、着ていた服が脱ぎ捨てられていたとの事です。
また、厚木市妻田南の散髪店を訪れて、髪の毛をカットした模様で、印象を変えて逃走している可能性もあるとの事です。
愛川町と厚木市の保育園・小学校・中学校では、児童の安全確保のため、6月20日~6月21日は全校が休校となっています。
神奈川県警は、公務執行妨害の逮捕状を取って、全国指名手配すると共に、1500名体制で行方を捜索しています。
収監前の逃走のため、逃走罪は適用されないとの事。
ただし、これだけすぐに発見されていないことを考慮しますと、仲間などの協力を得る(脅して?)などして、建物内などに潜んでいる可能性もあるのではないでしょうか?
空き家などにいる可能性もあるでしょう。

髪の毛を切った目撃地点は、下記のコンビニと考えられます。

その後、20時すぎに入店した別のコンビニは、現時点では場所がまだ不明ですが、判明しましたら、追記致します。
下記のとおり、ツイッターの情報がありました。

上記の情報やテレビ報道されたコンビニ建物から、下記の場所のローソン・スリーエフと考えられます。
買い物をしたおつりの100円玉で、公衆電話から知人に電話した模様です。
コンビニではジュースを買い「公衆電話を使いたいからお釣りは100円玉でください」と申し出ていたそうです。
服装は、黄色いシャツにと、更に変わっていました。
しかし、知人の電話番号を、よく記憶していたな?との印象を受けます。
※コンビニの場所は違うかも知れませんので、予想です。

そのあとの時間に、車を乗り捨てたのか、先に乗り捨ててからローソンに来たの?、厚木市三田のアパートは、下記の場所付近と考えられます。

下記がTwitterにあった情報です。

その後、また新たな情報が入りました。
厚木市林のコンビニから電話を受けた知人は、警察に対して「車で大和市に行って降ろした」と話しているとの事です。
これが本当だとしたら、今度は、一転して、神奈川県大和市の市民の皆様が心配する事態に至っています。
これがまた、大和市のどこで、クルマを降りたのか?、情報が不明ですので、追ってみたいと存じます。

憶測にはなりますが、逃走した理由は、収監されて麻薬の反応が出るとマズイと考えのではと感じます。
※その後、自宅より覚せい剤の注射器などが押収されたとの情報が入っています。

横浜地検では、2014年にも、川崎支部で弁護士と接見中だった男が逃走しましたが、2日後に身柄確保に至っています。
小林誠容疑者も、往生際が悪いと申しましょうか、ずっと逃げ続けるのは困難ですし、余計に罪を重ねるだけだと存じますので、早期に自首できると良いかと存じます。

我々にできることは、外出時に注意したり、自宅の戸締り程度しかできませんが、気を付けたいところです。

事件から4日後、ようやく小林誠容疑者を発見し、警察は逮捕しました。
逮捕された場所の住所は横須賀市森崎4-35-8ハイツひまわり。
下記の地図ポイント地点になります。

小林誠容疑者は、身勝手で卑怯でもあり、自分が犯している罪の重さも、よく理解できていないのでしょう。
ただ、これだけの大罪にも関わらず、現行法でしか処罰できませんので、また、塀の中から出てきても、厚生することなく、再び同じ罪を犯すのではないでしょうか?
また市民が危険にさらされることになるのであれば、困ったものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る