yasu一覧

  • 磯部城(磯部館)と土塁~太田道灌などにも関係する相模原市の城郭・館跡

     磯部城の記録では長尾景春の手の者が城主であると記載されているだけで、誰が磯部城の城主だったのかわかっていない。  1476年、上杉顕定の家臣・長尾景春が主君に謀反を起こした際、相模の武士たちは長尾氏に味方して戦っ…
  • 相模川を利用した水運

     神奈川県を南北に連なる相模川は、相模ダムと城山ダムが完成する以前は水量が多く、また現在のように堰や堰堤がなかったので、江戸時代までは多少大きな船でも航行できた。    鎌倉の寺院造営や、小田原城設営などの際…
  • 当麻城(当麻要害) 相模原でも歴史ある地を監視した鎌倉・戦国の城跡

    当麻城  相模原市の当麻(たいま)は太古の昔から人々の生活跡があり、平安時代初期(800年頃)にはすでに当麻に集落があった。古くは當麻とも表記したようだ。  平安時代935年頃に編集された、日本で2番目に古い辞典…
  • 当麻山無量光寺とは

    一遍上人(1239年~1289年)  原当麻と無量光寺の話に入る前に、当地にゆかりある一遍上人についてもおさらいをしておく。  一遍上人は鎌倉時代中期の僧で時宗の開祖。一遍は房号で、法諱は智真。遊行上人、捨聖(す…
  • 淵辺義博と淵辺義博居館・淵野辺の地名~西郷隆盛の護衛隊長・淵辺群平も

    日本の地名と言うものは、昔から呼ばれていたケースだけでなく、豪族や人物の姓名が地名になるケースなど様々です。相模原市に町名として今でも残っている地名にも、歴史ある地名があります。 横山、小山、矢部、田名などの地名の由来…
  • 横山党の相原氏、矢部氏、小倉氏、田名氏など

     粟飯原氏 (藍原氏、相原氏)  相模原に進出した横山党は最初は相模原市城山町の小野を中心に栄え、その後、相原に本拠を移し、相原から市内各地に別れていったと考えられますので最初に紹介します。  平安末期の頃、横山…
  • 相模原にも進出した「横山党」

     日本の地名と言うものは、昔から呼ばれていたケースだけでなく、豪族や人物の姓名が地名になるケースなど様々です。相模原市に町名として今でも残っている地名にも、歴史ある地名があります。  横山、小山、矢部などの地名の由来を…
  • 大化の改新 相模原は?

     中臣鎌子(のちの藤原鎌足)は、蘇我氏による政治専横に憤り、天皇家(大王家)へ権力を取り戻すため、中大兄皇子(後の天智天皇)に近づき、曽我氏打倒を計画した。  そして西暦645年6月12日に蘇我入鹿(そがのいるか)を暗…
  • 相模原の古墳時代

    はじめに 相模原には 旧石器時代の小保戸遺跡(約2万3000年前)、田名向原遺跡(約2万500年前)や、縄文時代中期の勝坂遺跡(勝坂式土器が出土、約5000年前)など、古くから日本に住んだ人々の生活跡が発見されてい…
  • 注目の小保戸遺跡 (相模原の遺跡)

    小保戸遺跡 (こほといせき) 約23000年前  小生が現在最も注目している遺跡。津久井城跡の南側に分布する遺跡で、比較的最近になって圏央道の建設現場から見つかり、2007年2月1日より、かながわ考古学財団による発…
 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る