バナナマン 日村勇紀さん  (相模原の有名人)

相模原市の有名人

お笑いグループ バナナマン 日村勇紀(ひむら ゆうき) さん

1972年5月14日、広島県東広島市黒瀬町でサラリーマンの父・日村鉅さん、保育士の母・日村君香さん、兄の4人家族に生まれ、3歳の頃に転居して神奈川県相模原市で育った。
子供の頃は太っておらず、色白でハーフのようなルックスで、女子にも人気が高かった。

運動神経が良く、小学校では生徒会長、相模原市立上溝中学校ではテニス部の部長を務めていた。
となると、実家は上溝と言う可能性が高いと言える。

上溝中学校卒業し、神奈川県立相模田名高校在学中に、同級生と「陸上部」というコンビを組み活動を始めたが、相方が活動をやめてコンビ解散。
神奈川県立相模田名高等学校卒業する際、芸人を目指すことを初めて父親(日村鉅さん)に話すと、全く反対されず、むしろ「他に何があるんだ?」とまで言われ、あっさり了承されている。

設楽さんと「バナナマン」を組んだのは1993年。
テレビに出演して知名度を上げたのは2003年ごろからで、30歳を過ぎていた為、遅咲きのブサイク芸人と呼ばれている。

2018年4月6日、日村勇紀さん(45歳)と、元NHKアナウンサーの神田愛花さん(37歳)が婚姻届を提出し結婚したことが判明した。

なお、バナナマンの日村勇紀さんは、相模原市名誉観光親善大使のオファーを断っていたことが、相模原市議会の答弁(2015年3月)から判明。

今後も、引き続き末永いご活躍を期待致しております。

母の日村君香さんは、2019年の相模原市長選に立候補する、衆議院議員・本村賢太郎氏の応援をしているためか、ポスターに顔写真と共に入っているのを確認。

[RSSImport display=”3″ feedurl=”https://tvtaiga.com/feed/” before_desc=”
” displaydescriptions=”TRUE” after_desc=” ” html=”FALSE” truncatedescchar=”200″ truncatedescstring=” … ” truncatetitlechar=”” truncatetitlestring=” … ” before_date=” ” date=”FALSE” after_date=”” date_format=”” before_creator=” ” creator=”FALSE” after_creator=”” start_items=”

    ” end_items=”

” start_item=”

  • ” end_item=”
  • ” target=”” rel=”” desc4title=”” charsetscan=”FALSE” debug=”FALSE” before_noitems=”

    ” noitems=”No items, feed is empty.” after_noitems=”

    ” before_error=”

    ” error=”Error: Feed has an error or is not valid” after_error=”

    ” paging=”FALSE” prev_paging_link=”« Previous” next_paging_link=”Next »” prev_paging_title=”more items” next_paging_title=”more items” use_simplepie=”FALSE”]

    報告する

    関連記事一覧

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。