タグ:江戸時代

  • 内藤氏・青山氏の転封後の江戸時代相模原領主

     江戸時代 内藤氏・青山氏の転封後  内藤氏・青山氏の転封後には、その領地は1615年~1623年頃、一時、幕府直轄領となった。相模原市域の直轄領は、代官・守屋行広(守屋定佐太夫行広)が支配した。守屋氏については、…
  • 相模原の江戸時代 (6) 目まぐるしく変わった領主

    これまで、全5ページに渡り、相模原市内各地の街の江戸時代について触れてきたが、幕末まで相模原各地の支配者が固定した訳ではなく、改易などで、相模原市内の各地も支配者がめまぐるしく変わることになる。 大半の領主は本貫地…
  • 相模原の江戸時代 (5) 相原・矢部・淵野辺・鵜野森

    相原・矢部・淵野辺 徳川家康関東移封の1590年当時は、徳川家の直轄地で、代官頭として彦坂元正(彦坂小刑部元正)(?~1634年)が統治した。 彦坂元正の父・彦坂光景は今川家・今川義元に仕えていたが、今川家没…
  • 相模原の江戸時代 (4) 鶴間

    鶴間 徳川家旗本の大岡義成(大岡吉重郎義成)(?~1598年)が上鶴間360石のうち300石で入る。残りの60石は徳川家直轄地。大岡氏は鶴間以外は知行しておらず、鶴間が本貫(本領)である。 のち330石に加増され…
  • 相模原の江戸時代 (3) 下九沢・上九沢

     下九沢  1698年からは、佐野勝由(佐野信濃守勝由)と、加藤明教(加藤三左衛門明教)の2人が下九沢を分割知行して幕末に至った。  加藤氏は、書院番を勤め、所領は下野国都賀郡内の6村が中心で、相模国では4村のう…
  • 相模原の江戸時代 (2) 上溝・下溝

    上溝・下溝  1590年当時は、約5000石を領した青山忠成(1551年9月6日~1613年4月10日)の1領地となる。他には、今泉村(海老名市)、小稲葉村(伊勢原市)、城所村(平塚市)などを領した。  青山…
  • 相模原の江戸時代 (1)  大島・田名・当麻・磯部・新戸

     1590年小田原北条氏が滅亡し、徳川家康が関東に入ると、相模国も徳川家を中心に知行された。その後、1700年代後半まで約200年間、相模原も領主が目まぐるしく変わる時代が続いた。  まずは徳川家康が関東に入った159…
  • 久世氏の後、下溝・当麻・新戸・磯部を領した阿部正喬

     阿部正喬(1672年4月28日~1750年7月26日)は、武蔵・忍藩主で老中も勤めた阿部正武の長男。  1699年9月28日奏者番兼寺社奉行。1704年10月29日忍藩相続。奏者番、寺社奉行辞任。  6代将…
 スポンサード リンク

Twitter

注目の情報

 スポンサード リンク

ページ上部へ戻る