SC相模原 J3元年 初戦 ツエーゲン金沢戦 試合内容

SC相模原
スポンサード リンク

 SC相模原 X  サッカーJ3リーグの試合が、3月9日 相模原ギオンスタジアムで開催されました。

 相模原は、数名の中心選手がチームを離れましたが、横浜FCにてJ2でのプレー経験を持つDF森本良が期限付加入し、これまで2戦2分と言う対戦成績である金沢に挑みました。

 スタジアムの定員 約6300名 に対して、入場者数は 2873 人でしたが、6試合行われたうちでは4番目と、なかなかの入場者数。

 しかし、J3リーグ元年のSC相模原初戦は、後半に4失点して、0 – 4 でツエーゲン金沢に敗戦し、最下位スタートとなってしまいましたが、相模原に取ってもJ3とは言え、Jリーグの公式戦が初めて開催され、大変記念すべき日になりました。

 J3リーグのホームページに掲載されている試合レポートは下記の通りです。

 ホームの相模原が細かいパス交換からチャンスをうかがうのに対して、金沢は前線のFW辻 正男らへ早めにパスを当て、そこに2列目が絡むことで攻撃を組み立てていった。しかし、互いに守備の意識が高く、前半は決定機が生まれないまま折り返す。
 それでも、後半に入ると流れが急激に変化。52分に金沢はゴール前のこぼれ球をDF阿渡 真也が拾うと、DF作田 裕次へパスを送る。そのボールを作田が流し込んで先制点を奪った。すると、そのまま金沢が一気に勢いを加速させて立て続けにゴールを決め、短時間でゲームの行く末を決定。初めての「J」の試合を勝利で飾ったのは金沢だった。

 (出典:J3 LEAGUE レポートより)

 第2節は、3月15日 13時 再びホームの相模原ギオンスタジアムで、宿敵 Y.S.C.C.横浜 と対戦します。
 チケット前売券発売中です。

 日本の歴史 武将・人物列伝 相模原公園王国 ブログパーツ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサード リンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る