磯部城(磯部館)と土塁~太田道灌などにも関係する相模原市の城郭・館跡

スポンサード リンク

 磯部城の記録では長尾景春の手の者が城主であると記載されているだけで、誰が磯部城の城主だったのかわかっていない。

 1476年、上杉顕定の家臣・長尾景春が主君に謀反を起こした際、相模の武士たちは長尾氏に味方して戦ったとされている。
 1477年、長尾景春勢であった金子掃部助の拠点として小沢城があったが、その小沢城の支城として急遽磯部城が築城されたと考えられ、翌1478年頃に太田道灌を大将とする関東管領の上杉勢が奥三保を攻めた際に、落城したとされたと伝えられている。
 磯部城は2重堀があったとされ、その中心は御嶽神社もしくは能徳寺の付近と伝えられているが、既に江戸時代には遺構は消滅していたようだ。上磯辺に現存する幅約11m、長さ約60mの土塁は附属施設だと考えられているが、明確に残っていないことからも築城途中(未完成)で落城したと言う説もある。

 

 現地を訪れてみると、かなり昔からの集落であることがすぐにわかる。

 

 上記写真は御嶽神社であるが、完全に集落の神社といった感じで、どうも館跡であったとは考えにくい。
 何しろ、新編相模風土記でも「磯部城跡詳ならず」と、昔でも良くわかっておらず、今でもわからないのは当たり前の話である。
 下記地図のポイント地点が、御嶽神社への入口。

 1559年の戦国時代には、北条家の津久井衆の中に、野口遠江守なる武将が、磯部に55貫文と、津久井衆の中では上位の知行者として名が見られる。

 

 次にもう1つの伝承の地である「能徳寺」に行ってみた。
 地図では相模川にかなり近く、川の氾濫なども考慮した昔では、ここに館を構えるのはリスクがあると考えていたのだが、実際に能徳寺を訪問してみると、なんと、南側から一段、約1.5mくらい高いところが能徳寺であり、住宅など少なかった昔には、南方の展望もそこそこあるように思える。
 また、相模川の水運も抑えると言う意味では、この立地は良いため、もし、当時の武将であったならば、ここに館を構えてもおかしくないと思え、この能徳寺こそ、磯部館跡だったのかも知れない。

 

 ちなみに主君を裏切り謀反を起こした長尾氏は、その後、戦国時代、越後の覇者となった上杉謙信(長尾景虎)の先祖一族にあたる。

 磯部を車で訪問する場合には駐車場がないので困るが、相模川脇にある、磯部堰すぐそばに小さな公園とトイレがあり、そこに何台か止められる駐車場もある。
 また、能徳寺の駐車場をお借りしつつ、能徳寺を訪れるのも良いだろうが、地元の方に迷惑を掛けない様ご訪問頂きたい。

上磯部の土塁

 もう1箇所、城の痕跡とも考えられている、磯部の土塁を訪れてみた。
 計測してみると標高約39mの相模川の崖からすぐの場所で、崖下の河川敷は標高約36mなので、比高は3mと一応は防御に有利な場所である。

 確かに人工的な土塁が、東西へ一直線に伸びているが、その規模から鎌倉時代頃のものと推測できる。
 また、案内版の説明によると、北側には更に「堀」が発掘できたと言う。
 相模原市は磯部城の一部と解釈しているが、一部とはどのような意味であろうか?
 古い集落がある方の御嶽神社または能徳寺が、新磯城の中心としているが、もし、ここの土塁や堀が、その新磯城の城域だとしたら、とてつもない大きな平城となってしまう。
 その規模は、現在残っている小田原城の4倍もの大きさだ。

 

 そのため、この土塁と新磯城の中心地が、一帯とする城域とは考えにくい。
 可能性としては、どちらが先かはわからないが、移転したのか?
 それとも、土塁がある場所こそが新磯城(新磯館)であったのか?
 土塁がある場所は、相模川を通行する船の関所として機能させたのか?
 とにかく、磯部城がどこであったのかは、本当にわからない点が多いと言えよう。
 皆様もご意見があれば、是非コメント欄に投稿願いたい。

 

 磯部の土塁の場所は下記の地図ポイント地点付近。
 車が入れない、相模川沿いの遊歩道沿いにある。
 自動車は、ちょっと上流に、相模川に降りられる坂道があるので、整備された相模川河川敷のグランド付近に止めて、歩いて3分といったところか?
 相模川に降りるところには公衆トイレもある。

 

 小沢城と金子氏については、小沢古城・小沢城などにてご紹介している。

> 相模原の戦国時代ヒストリア

> 日本の歴史 武将・人物列伝


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る